TOP > 美容に関する豆知識

美容に関する豆知識

美容に関する様々な豆知識を紹介しています。

髪編  〜髪の基礎知識「 髪って?」〜
人間の頭皮は10〜15万本あり、1日に約0.3〜0.4oのスピードで伸びています。通常、髪は1日で50〜60本ほど抜けます。
髪も肌もつめも同じたんぱく質(ケラチン)でできています。ちなみに、人の体の外側にあるたんぱく質はコラーゲンたんぱくです。
髪のヘアサイクル
髪の寿命は4〜6年。髪は一定の時間を過ぎると自然に抜け落ちます。そして、抜け落ちたところからまた新しい髪が生えてきます。この周期をヘアサイクルといいます。

髪の構造
髪の性質
本 数…約10万〜15万本
太 さ…約50〜100μm ※1μm=1/1000mm
水 分…11〜13%
主成分…ケラチンタンパク
P H…4.5〜5.5(弱酸性)
強 度…約150g(カップ1個分)
※ダメージ毛は強度が弱くなっています。

カラーやパーマを重ねると、髪の水分保持力が下がるため、パサつきが出て、まとまりが悪くなります。

【ポイントアドバイス】
ヘナやハーブカラーで水分バランスを整えましょう!
コラーゲンもおすすめです!
髪のダメージって
髪のダメージには様々な原因があります。
髪が傷むと…
まず、髪のキューティクルをくっ付けているCMC(接着剤)が劣化します。

そうすると髪の中のたんぱく質が流失しやすくなります。
(この時流れるたんぱく質が実は、水分キープやカラーの色素を定着させたり、パーマ時に作用したりと色々な機能が含まれている重要なたんぱく質です。)
【ペーハーバランスによるダメージ】
髪の毛の三層構造はキューティクルが中身をブロックしている。
髪の特徴として、髪のPHがアルカリに偏ると開き、酸性に偏ると閉じる。
(普段の髪の毛は弱アルカリ性に偏っている)

髪とお肌は弱酸性で安定します。
だから、弱酸性のハーブシャンプーにこだわっています!
ロハスハーブシリーズ

肌 編  〜お肌ってどんな構造?〜
●表皮
表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層から構成されています。肌における表皮は肌の水分保持、外部刺激から肌を守るバリア機能、肌の新陳代謝(ターンオーバー)などの大事な役割を担っています。
●真皮
約70%がコラーゲンでできていて真皮の弾力を維持しています。そしてエラスチンと呼ばれる別の線維がコラーゲンを支えるように働いています。またヒアルロン酸と呼ばれるゼリー状の物質がコラーゲンとエラスチン、2つの線維のまわりを埋め尽くすように存在し、真皮の水分を守っています。

●皮下組織
皮下組織のほとんどが皮下組織でできていて、体の体温を保つための断熱材の役割をしたり、外部からの衝撃を和らげて体の内部を守ったりする働きをしています。また、皮膚などに栄養を運ぶ血管やリンパ管の通り道でもあるため、血行や血液の鮮度によって肌の見え方に深く関わってきます。

肌のターンオーバー
ターンオーバーとは表皮の生まれ変わりのことをいいます(新陳代謝)。表皮細胞が基底層で新しく生まれて、28日かけて角質細胞となります。角質細胞は下からせり上がってきた新しい角質に追われるように最後は垢(あか)となってはがれ落ちます。このサイクルをターンオーバーといいます。表皮はターンオーバーで絶えず表皮細胞は入れ替わるので、また1ヵ月も経つと新しい皮膚となるのです。
お肌の水分量
空気が乾燥してくると、お肌のうるおいを保つことに十分な注意が必要です。お肌が乾燥するという方は要注意!お肌の乾燥は老化の原因に!お肌の若さは水分量で決まるといっても過言ではありません。お肌の水分量は加齢とともに減少し、それだけでなくお肌に負担をかけ過ぎることでお肌の表面から水分が蒸発しやすい状態になることがわかっています。角質に含まれる水分量は個人差がありますが一般的に30%前後といわれています。これよりも水分量が不足するとお肌がカサカサしている状態になります。
だから…ケア剤は、品質の良いものほどお肌に負担がなく、なじみがよく、そのうるおいが持続し、使っていくうちに少しずつお肌の状態がよくなっていくものがおすすめです。
コスメのこだわり
ラメラ液晶構造・セラミド・ビタミンCについて

◆ラメラ液造化(液晶乳化)とは…
角質層の細胞間脂質『水×油×水×油』は、ちょうどミルフィーユのような多重構造(ラメラ構造)をしています。そこでラメラコラーゲルは、ゲル自体が交互に重なりあうラメラ構造(皮脂類似構造)形成による乳化方法(液晶乳化)で新処方することで、皮膚への浸透性が優れベタつかない使用感を実現したゲルです。お肌へのなじみは、ナノ化されることにより抜群の浸透性を示します。
◆セラミドとは…
セラミド(表皮細胞脂質の50%)は角質層の細胞と細胞の隙間を満たしている脂質の主成分です。
それは細胞間脂質といわれ角質細胞同士をつなぐ糊(レンガ造りのセメント)のような役割をし、外的刺激から皮膚内部を守り、水分とも油とも結びつく特殊な性質から水分を挟み込むラメラ構造『水×油×水×油』により強い保湿効果やバリア機能を発揮します。またアトピー皮膚炎はこのセラミドが不足していることが原因ともいわれています。
◆油溶性ビタミンC誘導体とは…
純粋なビタミンCは熱に弱く化学的に不安定なため、肌に塗ってもすぐに酸化し、壊れてしまい、その効果は発揮できません。そこで、ビタミンCの分子に脂肪酸を四つ結合させた成分『油溶性ビタミンC誘導体』があります。皮膚表面の皮脂には脂肪酸が多く含まれているので、このビタミンC誘導体は、皮膚に馴染みやすくとても浸透しやすくなります。そして皮膚に入った油溶性ビタミンC誘導体は体内のエステラーゼという酵素によって再びビタミンCと脂肪酸に分解され、ビタミンC(美白と抗酸化力)皮膚内で働くことになります。

ワンポイント
一般に、化粧品が「保湿」「潤い」をいう場合、この表皮の、それも角質層のことを指します。
古いタイプの化粧品では、肌に油分を補うことで、肌の保湿をうたったものもありましたが、現在では角質層のなかのラメラ構造が改善されないと、肌の潤いは保てません。
商品情報
  • ハーブカラーシリーズ
  • ヘアケアシリーズ
  • Cosmetics / Healthy series
  • Other products
  • 導入サロン様ご紹介
  • 代理店募集
  • ご購入について
美容豆知識、美容に関する情報満載! スペシャルムービー放映中 ヘアデトックスの秘密 テクノへナの秘密